SHUFFLE Interactive Table

ローテーション、位置やパックの種類によって、音の出し方、エフェクトの掛け方など、パックをテーブルの上に置いたりして、”シャッフル”するだけで、音で遊ぶ事が出来る
もちろんBPMなど音階、和音にも対応しているので音楽も作る事が出来ます!音源はMIDI系でプラグインを自由に追加、変えられる。

このプロジェクトの"ユニーク"な点はこのオブジェクトの位置関係にある。ステップインストラメントオブジェクト(音色パック)の距離によってシーケンサーの音の鳴る位置点を操作して、好きな位置に音を入れる事が出来る。しかも感覚的に。

音色は4チャンネル、ドラムマシンも4チャンネル、好みによって予め作っておいたループもインポートも可能!だからR&Bからテクノ、エレクトロニカまで全然音楽制作が可能!BPMも180くらいまでリアルタイムで上げられて、音源パッチ自由に選べる。
見てても楽しいシーケンサー!

http://www.ipasdc.com/shuffle

上下の動きでキーの高さを決める

カタログデザイン

パックを置くとエフェクトが浮かび上がり近くのパックとつながる

展示会にて、来てくれた人に笑顔が見えました。

イメージデザインby JINN

パックデザイン by JINN YAGI

実際のパック(プラスチック)

様々なデザインのエフェクトパック


音が鳴ります注意LinkIcon動画はこちらでYouTube

ページの先頭へ