25001111013.jpeg喜多俊之


ミラノサローネ 和 展示会

作曲/音楽 八木 仁

日本を代表するプロダクトデザイナー喜多俊之のイタリアでの展覧会の音楽を作曲しました。
60年代に発表された『SARUYAMA』や『WINK』といった初期の作品からロボットの『WAKAMARU』、液晶テレビ『AQUOS』など最近の作品、ライフワークとして活動を続けている、和紙の照明器具や漆器などの伝統工芸や地場産業の作品等がある。

ページの先頭へ